種類が沢山ある庭に敷く砂利【見た目や用途に合わせて選ぼう】

植物

プロ業者に依頼する魅力

広範囲の草むしりに対して悩んでいる方は、草むしりの専門プロ業者に依頼されると良いでしょう。業者ならではの知識と専用機器を使用して完璧に作業をこなしてくれます。依頼する時は費用の比較だけでなく、アフターケアがしっかりしている業者を中心に比較して選ぶようにしましょう。

男の人

植木の手入れ

植物の剪定は、美観やバランスを保つために行われます。都市部の公園や沿道では、剪定を施された植木が多く、非常にまとまりを感じます。 剪定には、高枝ばさみや小型のはさみが用いられることが一般的です。対象となる植木によって、使い分けがなされます。

植物

インテリア効果あり

葉や茎に水を貯め込んでおける多肉植物は、日当たりの良い風通しの良い場所を好みます。直射日光に気を付ける必要があって、水やりはさほど必要としないので育て方としては楽な方です。忙しさのあまり水やりを忘れても、多肉植物ならば安心できます。色がきれいなので、お部屋のインテリアとしても人気が高いのです。

種類による敷き方の違い

砂利

一定の厚さが必要です

庭に砂利を敷く時には、その種類を比較して目的に合ったものを選びましょう。特に、庭の雑草対策を目的のひとつにする場合は、種類ごとに必要な量が異なります。庭に敷く砂利として比較的多く選ばれているのが、玉砂利などの丸くて粒の大きなものです。白や赤褐色のもの、青色やミックスされたものなど種類も豊富で、20キロあたり1000円を切る価格から購入が可能です。この様な粒の大きいものは、隙間ができやすいために4センチから5センチ程度の厚さで敷きます。隙間が多いと、飛んできた雑草の種子が地面に根付きやすくなってしまいますし、太陽光が地面に届くと雑草が生えやすくなります。そのための厚さが必要で、1平方メートルあたり80キロ程度が目安となります。

小さい粒のものは

金華砂利は、比較的明るい色のものが混ざり合っており、庭に敷くことで明るい雰囲気を出すことができます。この種類は庭に敷く砂利の中でも比較的小粒で、小粒のものは厚さ3センチから4センチくらいに敷く必要があります。大粒のものよりも隙間ができにくいので薄くでも大丈夫ですが、必要な量は同じく80キロ程度と考えられます。砂利を敷く時には整地が大切で、地面を平らにならしたあとは、可能であれば機械を使ってしっかりと踏み固めましょう。また、雑草対策に重点を置く場合は防草シートを敷いてから砂利を敷くことで、非常に大きな効果を得ることができます。見た目の美しさと機能性を両立させながら、理想の庭を作っていきましょう。