インテリア効果あり|種類が沢山ある庭に敷く砂利【見た目や用途に合わせて選ぼう】

種類が沢山ある庭に敷く砂利【見た目や用途に合わせて選ぼう】

  1. ホーム
  2. インテリア効果あり

インテリア効果あり

植物

愛好する女子増加中

葉や茎の肉厚な部分に水分を貯めることができる植物を、総称して多肉植物と呼んでいます。多肉植物は外国産のものが多いですが、日本原産のものもいくつかあります。外国産のものであれば、気温なども違うので育て方が難しいと購入をためらう人がいるのです。確かに気温には気をつけなければならない種類もありますが、多くの場合育て方に関するハードルは高くないです。一番の顕著な特徴としては葉や茎の部分に水分を、貯め込んでいるので水やりに気を使わなくてよいということにあります。これは忙しい時に水やりを忘れて観葉植物を枯らしてしまいがちな人でも多肉植物ならば安心です。そして他の植物との違いは、何といっても姿形になります。水を貯め込んである葉や茎が、ぷくっと膨らんでおり作り物めいた可愛らしさに人気が集まっているのです。

忙しくても大丈夫です

多肉植物を何の目的で育てるかというと、観賞用として用いられる場合が多いです。特に女性に人気が高いのが、色が鮮やかについたタイプが好まれています。また季節によっては、色が変わっていくものもありインテリア感覚でも育てられているのです。そして今最も人気があるのが、多種類の多肉植物を一つの鉢に寄せ植えする育て方になります。この育て方は色々なタイプの多肉植物が楽しめる上に、色が多種多様に楽しめるのです。冬場は花の種類も少なく通常の植物は、室内に置いておけばすぐに飾っておけなくなります。しかし多肉植物の良いところは、日当たりと風通しの良い場所に置けば大丈夫なところです。強すぎる日差しには弱いので、直射日光を避けて置くようにします。水やりは生育期の夏場はともかく、冬場は鉢の中の土が乾燥するまで待つのです。