植木の手入れ|種類が沢山ある庭に敷く砂利【見た目や用途に合わせて選ぼう】

種類が沢山ある庭に敷く砂利【見た目や用途に合わせて選ぼう】

  1. ホーム
  2. 植木の手入れ

植木の手入れ

男の人

街の美観を保つ

植木や植物の剪定をする目的は、第一に美観を保つことにあります。蔓や枝が伸びた植物は、バランス面や見た目から整えるべきであるからです。特に都市部の沿道や公園では、多くの木々や花々が一様に揃えられており、あたかも芸術作品のように感じます。剪定された植物はコンパクトであり、非常にまとまった印象を感じることができます。植物を「作品」として扱う上でも剪定が目的とされます。その中でも、朝顔や盆栽は代表例です。盆栽は剪定が施された上で、作品となります。果実や野菜の実を、たわわに付ける目的でも剪定は重要な行程です。勢いのある茎や蔓を刈り取ることで、栄養分が果実に行き渡り、その結果立派な実を結ぶことになるからです。

刈り取る量に注意する

植物の剪定には、高枝ばさみをはじめとする専用の器具を用いると便利です。大規模な手入れが必要な場合には、業務用の高枝ばさみを使うと便利だということを知っておきたいです。また、趣味の園芸や盆栽の手入れをする場合は、小型のはさみを使うことが適しています。このことから、目的に応じて用いる剪定器具を選ぶ必要があると言えます。植物の成長に影響が出ないよう、刈り取る量を控え目にすることも知っておきたいです。特に秋期から冬季にかけては、植物の成長が一段落するため、控え目に刈ることがポイントです。春期から夏期にかけては、最も成長する時期であるため、多目に刈り取る傾向があります。植物の種類や生育環境によっても剪定を加減する必要があり、必要に応じて専門業者に依頼することが求められます。